お手入れ方法

お気に入りのバッグは、できるだけ長く使いたいものです。そのためには正しいお手入れ方法を知っている必要があります。バッグの素材をチェックし、正しい方法でお手入れしましょう。

皮革の場合、毎日のブラッシング、あるいは乾拭きが大切です。乾燥は皮革の大敵。皮革が乾燥すると、ヒビ割れやしわができてしまいます。このヒビ割れやしわの原因になるのがホコリです。ホコリは皮革から油分を奪ってしまい、乾燥を引き起こしてしまうのです。帰宅したら必ずバッグをブラッシングし、ホコリを落としておきましょう。

もっと本格的なお手入れ方法があります。それは、専用のクリーナーで汚れを落とし、クリームで油分を補給し、最後に防水処理、コーティングするというものです。これは毎日行う必要はなりません。日々のブラッシングで皮革のバッグは長持ちします。大掛かりなお手入れは気づいたときだけで大丈夫です。

皮革以外の素材もブラッシングは有効です。表面がツルツルしたタイプのものは固く絞った濡れ布巾でときどき汚れを落としましょう。また、素材に関わらず、風通しの良い場所で陰干しするとよいでしょう。こまめなお手入れにより、バッグをキレイな状態に保つことが可能です。


コメントは受け付けていません。